もしかしたら妊娠しちゃうかもと思った時は性行為直後にアフターピルを服用することで妊娠を回避することができます。ただし72時間以内となっているので服用のタイミングを逃してしまうと妊娠してしまう可能性があるので気をつけてください。

  • ホーム
  • アフターピルの服用方法と注意点

アフターピルの服用方法と注意点

多色な薬

アフターピルは女性の強い味方です。
性行為のときに避妊に失敗した場合は、女性はひどく落ち込むものです。
そんなときに女性の強い味方になってくれるのが、アフターピルです。
男性のことを信頼していてもコンドームが破れたり、体外に出すのに失敗したりするものです。
望まない妊娠ほど女性にとって悲しいものはありません。
アフターピルがあれば女性も男性と同じように自由に性行為ができるようになります。
アフターピルは医薬品だと勘違いされがちですが、女性用ホルモン剤です。
医薬品ではないので保険適用外で少々高めの印象がありますが、ネット上の通販サイトで見れば、3000円~15000円ぐらいで購入可能です。
ネット上の通販会社は主に海外から個人輸入代行で販売しています。
アフターピルは性行為のあとに服用することで女性ホルモンを急速に増強させ、子宮口に入り込んだ精子が着床する前に子宮外に強制的に排出させます。
具体的には、生理周期に関係なく、強制的に生理を起こすことになります。
少し不安に思う女性もいると思いますが、女性ホルモンを増強させることにより、かえって生理周期は安定し、肌の若返り効果も期待できます。
女性は自分の身は自分で守る必要があります。
男性のことを信頼していても、いざという時は自分の身は自分で守るしかありません。
アフターピルがあれば女性も妊娠のリスクがなく、男性と同じように自由に性行為を楽しむことが可能になります。
性行為後72時間以内に服用すればかなりの確率で避妊が期待できます。
カードケースに入っているものもありますので、いろいろ調べてから購入するのをおすすめします。
女性は自分で自分を守るしかありません。
まずは、ネットで調べてみましょう。

関連記事